まじばいと。

バイトに関する情報を記事にしていきます。

主婦に人気の学校給食調理補助パート!仕事内容や体験談のまとめ

f:id:majimoney:20180926013126j:plain

学校給食調理補助パートいわゆる給食のおばちゃんのパートは主婦に大人気です。給食のおばちゃんと言いましたが、実際に働いている人を見てみると給食のお姉さんといった方が正しいのかもしれませんね。

ということで、今回は学校給食調理補助パートの仕事内容や体験談についてまとめてみました。パート選びの参考にして下さい。

バイト名 給食調理補助
平均時給 ¥1,000
男女比 2:8
年齢層 20代~60代
体力    
精神力    
将来性    
出会い  
おすすめ度    

学校給食調理補助パートの仕事内容

学校給食調理補助パートの業務は、衛生管理の徹底、下処理、検品、配送準備、食器の洗浄などです。学校内での業務と給食センター内での業務で若干異なりますが、どちらも未経験からでも十分にこなせる仕事です。慣れるまでは大変かもしれませんが、慣れたら楽という話もよく聞きます。

学校給食調理補助パートのメリット・デメリット

学校給食調理補助パートでのメリット、デメリットをまとめてみました。

メリット

  • 子供たちと触れ合える
    学校給食の調理補助パートでは中学校だと思春期なので、気難しいですが小学校だとかわいい子たちと触れ合えます。「おいしかったです」「いつもありがとうございます」など、かわいい子に感謝されると疲れが吹っ飛びます。
  • 接客をしない
    調理室でひたすら調理を行うため、接客の仕事はありません。学生にたまにねぎらいの声をかけられる程度なので、コミュニケーションが苦手な方でも問題ありません。
  • 色々なメニューが覚えられる
    昔の給食は似たり寄ったりの物が多く出ていましたが、今時の給食は管理栄養士が栄養を考え、また食べ残しがないように工夫されており、多種多様なメニューが多いです。給食のメニューで出たものを自宅に帰ってからも作るなんて方も多いです。

デメリット

  • 意外と力作業がある
    調理といっても、数百人分の料理を作らなければならないので、一度に大量に調理できるようにフライパンや鍋もとても大きなものを使用しています。以外と力がいる作業が多くて重労働です。
  • チームワークが大事
    接客という意味でのコミュニケーションをとる必要はないですが、働く仲間とはコミュニケーションをとらなけらばなりません。基本的には役割が分けられており、うまく連携を図らなければなりません。職場によっては、人間関係が悪く連携がうまくいかないところもあります。

学校給食調理補助パートの体験談

学校給食調理補助パートをしたことがある人の体験談を聞いてみました。

大変な体験談

  • 思ったよりも重労働で疲れる(50代女性)
  • 給食のおばちゃんと呼ばれることに抵抗がある(20代女性)
  • 人間関係が悪く連携がうまくとれないところもあった(40代女性)

良かった体験談

  • 子供たちの笑顔で癒される(50代女性)
  • 週に1回とかでも大丈夫だったので主婦には助かる(40代女性)
  • チームワークが良く連携が取れていた(40代女性)
  • 色々なレシピを覚えられたのでよかった(40代男性)
  • 調理師免許の受験資格をもらえるように頑張った(30代男性)

学校給食調理補助パートを探すのにおすすめのバイト求人サイト

バイトル

バイトルでは、フリーワードで検索して仕事を探せるのでフリーワードのところに「学校給食」と入力して下さい。そうすると、学校給食の調理補助パートがたくさんヒットします。その後、エリアや詳細条件を入力してさらに検索してみると良いでしょう。他のバイト求人サイトと違い、応募バロメーターや動画サービス、制服確認など、便利な機能がたくさん用意されています。全て無料で利用することができるのでバイト探しに役立ててください。

アルバイトEX

求人数が多いアルバイトEXでは、キーワードに「学校給食」と入力して調理補助パートを探してみたところ、全国で991件もありました。そのため、キーワード検索だけでなく、エリアや駅・路線を絞って検索すると良いでしょう。アルバイトEXでは対象者全員にお祝い金3万円プレゼント!というキャンペーンを行っているため、同じ求人に応募するのであればアルバイトEX経由してお祝い金をゲットしましょう。

お祝い金がもらえる求人サイト
>>【アルバイトEX】<<

まとめ

学校給食調理補助パートは、未経験でも抵抗なく始められるバイトです。学校が休みの日は仕事もお休みなので、子育て中の主婦(主夫)にはとくにおすすめします。